吉沢技建は大田区を中心にリフォーム・リノベーションなど住まいのご要望にお応えする安心な地域密着型パートナーです。

お気軽にご相談ください

0120-89-1143(携帯・PHSからは03-3729-0703) お問い合わせはこちら

Follow us on

マンションフルリフォーム

マンションも築年数が20年を超えてきますと、リニューアルが必要となる箇所がでてきます。とくに、給湯器や水回り関係のご相談をよくいただきますが、こうした機会をきっかけに、長年のお住まいで気になってきた部分として、例えば床や建具などの全面的なリフォームを併せてご依頼される場合もよくあります。ご紹介するマンションの全面改修リフォーム事例では、キッチンやユニットバス等の水回りのみならず、室内壁紙のリフォームなど、お客様のご希望を一つひとつお伺いしながら、お手伝いさせていただきました。


Before | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研After | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研

<キッチン周り>
まずはキッチンの部分からご紹介します。システムキッチンの入れ替え、フローリング、ドア、壁、天井のリニューアルを行い、明るく、モダンですっきりとした印象になりました。最新のシステムキッチンを導入され、お手入れのしやすさや、細かなところでの使い勝手の向上はもちろん、キッチン全体がより洗練された印象となり、ご納得いただくことができました。キッチン周りはお手入れも簡単なキッチンパネルにて仕上げました。配色面では、キッチンとドアや床との色合わせを考慮してコーディネートしました。

Before | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研After | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研

<お風呂周り>
マンションのユニットバスは、最も経年変化が表れる場所のひとつですが、リフォームできないと思われる方が案外多くいらっしゃいます。ご相談いただければ、お客様の浴室のサイズに合わせ、 浴槽をはじめ、水はけのよい「カラリ床」、排水口、洗面鏡周りやシャワーユニットなど、より快適で清潔な機能を備えた直近のモデルにユニットバスリフォームをすることができます。本件では、サイズが豊富且つリフォーム時の施工性の高いTOTOのリモデル向けユニットバスから採用しました。ワイドなミラーは様々な施工事例のアイディアから、今回のサイズのユ ニットバス向けに設定されたものではなく、別シリーズから見栄えのよいモデルを採用し、浴室を広々と見せる効果を出しています。また、写真では見えにくく申し訳ありませんが、浴室の入り口も「折れ戸」から「開き戸」とし、スタイリッシュになっています。

Before | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研After | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研

<トイレ周り>
トイレも全面的にリフォームし、見違えるようにリフレッシュされ、快適にお使いいただけるようになりました。温水洗浄および便座暖房機能がありませんでしたので、TOTOのリモデル向け便器システムを導入したほか、紙巻き器、タオル掛け、吊り戸を交換しています。床は「CFシート仕上げ」から「フロアタイル仕上げ」を提案し、空間全体の高級感の向上に大きく貢献しています。

Before | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研After | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研

<洗面台周り>
洗面台、洗濯機用の洗濯パン、洗濯水栓もリフォームました。こうした部分も長年の使用による、汚れやガタツキなど経年変化が著しいところのひとつです。流行が始まった当初のタイプのシャンプー台付き洗面台も、直近のモデルのものは、使い勝手とともにデザインも洗練され、棚や三面鏡をはじめ、見た目の高級感が大幅に向上しています。床は「CFシート」から「大理石調のフロアタイル」に変更し、ホテルのような空間に生まれ変わりました。 

Before | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研After | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研

<リビング・ダイニング周り>
間仕切りとなっていた「2枚引き戸」の控え壁部分を撤去し、三枚引き戸」を設置し、より開放的な間口にしました。また左側の引き戸の奥にあった和室を洋室に変更し、入り口周りを引き戸からドアに交換しています。「三枚引き戸」「洋間ドア」のサイズは梁の高さに合わせてオーダーとし、ジャストサイズになっています。

 Before | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研After | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研

このように「三枚引き戸」を開くとリビングとダイニングを一体的な空間として、広々と使うことが可能です。

Before | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研After | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研

<フローリングについて>
リフォーム前のフローリングの状態とご予算を考慮し、 新たにフローリングを貼った和室以外の部分は、既存のフローリングの上に「WPBリフォームフロアー」という製品を貼ったリフォームになっています。これにより既設フローリングの解体・撤去・処分が不要となり、全面的に張り替えるコストを抑え、よりもリーズナブルに、かつ見た目の高級感、フローリングとしての機能においても大きなリニューアル効果が得られます。

Before | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研After | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研


<旧和室>和室だった部屋は、畳を引き上げた後、置き床とし高さをダイニングと合わせてフローリングを張りました。また、和室の「押入」は、クローゼットに変更しています。

Before | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研After | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研

<旧和室>
障子も撤去し、天井や床、開口枠まわりのリフォームで、変更前が想像できないようなスッキリとした洋間に変わりました。

Before | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研After | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研

こちらは別の洋間となりますが、フローリングを他の部屋と同様に貼り、ドアも交換し、天井に吊られているタイプの収納をリフォームしています。ドアスペースの上にかかっていた収納ボックスをあ えて無くすことで、間取りの開放感を高めました。

Before | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研After | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研


<玄関周り>
玄関に敷かれたタイルも長年の使用で、写真のように土 や泥など長年の汚れが沈着してきますが、こうした玄関周りも、フロアタイルの貼り直しや備え付けの下駄箱、壁紙リフォームすることで、リフレッシュすることができます。

当社は、こうした総合的なリフォームに長年の実績があり、中古マンションの全面改修リニューアルについても承っております。マンションリフォームに関する豊富な経験をもとに、お客様の思い描くリフォームをより良いものとするアドバイスをさせていただきます。工事の段取り、リニューアル工事中のお住まいの手配や荷物の一時保管場所など、総合的にリフォームをサポートさせていただいておりますのでお気軽にご相談ください。

【現場住所:大田区・中馬込】

全面改修リフォーム/マンションリフォーム/ユニットバスリフォーム/クロス貼り替え/キッチン入れ替え/トイレリフォーム/WPBリフォームフロアー/ドアリフォーム/フロアタイル貼り/クローゼットリフォーム/給湯器交換

■その他の全面改修リフォーム事例はこちら
■リフォーム施工事例トップへ

このページのトップへ