吉沢技建は大田区を中心にリフォーム・リノベーションなど住まいのご要望にお応えする安心な地域密着型パートナーです。

お気軽にご相談ください

0120-89-1143(携帯・PHSからは03-3729-0703) お問い合わせはこちら

Follow us on

二世帯住宅・サブキッチンリフォーム

二世代住宅の台所は、1つのメインキッチンを共用されるケースが大半ですが、階段での移動や生活時間帯の違いから、ちょっとした洗い物やお湯が沸かせる「サブキッチン」があると便利なのに、、、とのご要望をお持ちのお客様が多くいらっしゃいます。
これは、二世代住宅の2階部分に「サブキッチン」を新設した施工事例です。
お客様の住宅の構造、小さなお子様がいらっしゃるお客様の生活動線を考慮し、当社でリフォームのご提案、施工を行わせていただきました。


Before | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研After | 大田区 品川区 リフォーム 吉澤技研

お客様は事前に、リビングであった場所にサブキッチンを設置することを綿密に検討されており、どのようにここへシステムキッチンを設置するか、他の場所ならどうか、という観点で内見させていただきました。

このお部屋は、外壁、出窓のベランダに面しており、キッチンに必要な給湯器はベランダに新設し、据付位置以外のフローリングを痛める事無く、排水は床下を通して外壁に出し、一階まで配管しました。

サブキッチンに関するご要望を明確にいただきましたおかげで、間取りや家の構造に合った最適なサブキッチンのご提案をすることができたと思います。
導入したキッチンはサンウェーブ製の「Tio+」で、小さなサイズ、そして手頃な価格帯でありながら、システムキッチンのラインで製造されており、多少納期はかかるものの、同価格帯での他商品とは比べ物にならない品質の高さと仕上がりに定評がある製品です。お色は施主様のご希望でブルーとしました。

二世帯住宅では、共働き夫婦の増加や育児により、お住まいのご家族の生活時間や生活リズムを考慮したリフォームを望まれる声がとても多くなっています。
また、適切な距離感を保つことも、二世帯住宅で上手に暮らしていくにあたっては大切な配慮となります。プライバシーに配慮した防音や、二世帯生活の動線に配慮した空間リフォームなど、住まいの面から現代の生活習慣に合わせた改善を加えることで、家族同士の余計な気づかいやストレスを減らし、お互いに安心して住むことができる二世帯住宅の「良さ」を引き出すことができると私たちは考えています。

当社では、お客様と相談しながら、お客様の事情に応じて最適なリフォームのアドバイスもいたしますので、お気軽にご相談ください。

【現場住所:大田区・南雪谷】

二世帯住宅リフォーム/キッチンリフォーム/サブキッチンリフォーム/給湯器取付
このページのトップへ